検索
  • 子ども村:ホッとステーション

若者集まる!!

 2月11日・木曜日は祭日でしたが、通常のホッとステーションの活動を行いました。

祭日で学校が休みだからこそ、子ども達はどこかに出掛けるのではなく、時間を持て余しているのです。 

 この日は埼玉の清掃会社に勤務のため埼玉県に転居した子ども(私たちスタッフから見れば、いつになっても子どもの感覚です)から、「ホッとステーションの窓ガラスを掃除させてください!」との連絡をもらい、自分の休日を使って埼玉からホッとステーションの活動に来てくれました。しっかりと窓ガラスを掃除する道具も持参し、しかもボランティアで窓ガラスをすべて磨き上げてくれました。

 他にも、普段仕事でなかなか早い時間に参加できない若手スタッフ達も早い時間から参加してくれ、この日は若手スタッフが沢山集まりました。

 若手スタッフ達は20代から30代の、大学生、これから就職する人、会社に勤務の人、自営業の人、社会福祉協議会にお勤めの人、仕事を辞めた人など様々です。 彼らもこの場が交流の場で、通常では忙しいためなかなかお互いに会うこができないスタッフたちでした。 彼らは自分のことでもそれぞれに考えることも沢山あるようです。 そんな彼らを見て、自分のロールモデルとして、子ども達も将来の方向を考えてくれたらなと思います。


 ホッとステーションでは、子ども達だけでなく、スタッフ達も成長の場です。 子どもとの関わりの中で、飾らない本来の自分にも出会い、改めて自分の生き方に向かい合うのです。 また、自分の生きてきた道のりとは違う生き方に触れ、年配のスタッフ達が学ぶところも多いです。 ホッとステーションは、そんな関係を持ちながら長い期間一緒に人が居る場所です。 子どもも大人の区別もなく、成長、進化する場です。



91回の閲覧0件のコメント