​〒116-0001 
東京都荒川区町屋4-16-7
『 みんなのお家"ilona"(いろーな)』2階
  • w-facebook
検索
  • 子ども村:ホッとステーション

『 学習室 』開放!!!


 今年度からは、ホッとステーションの場を開放し、『 学習室 』を開くことにしました。

 対象者は、勉強をする気がある、または勉強が分からないから教えて欲しいという荒川区に住む子たちです。

 ホッとステーションの登録者だけでなく、学習をどのように進めていけばいいかわからないそのような子たちが増えています。その子達にもまた一つの居場所として利用して欲しいですね。


 

 学校に所属していれば、勉強は必ずしなければいけないのか。これは子どもたちを悩ませることです。教育を受ける義務が子どもにあるのかと言えば、それは国で定められているものではありません。あくまで、子を持つ親に、教育を受けさせる義務があるのみです。

 我々は、子どもたちに本当に必要になった時必死に勉強するように言っています。その言葉を言うときの勉強とは座学のことです。教科書や参考書とにらめっこし、1の問題はAだと答えるような勉強のことです。


 私たちは、子どもたちに毎日の生活で学んで欲しいことは、そのような難しい公式や法則を覚えることではなく、人と関わる方法や自分をコントロールする力、そして将来どのような人間になりたいか創造する力を身につけることです。

 そのために私たちは、経験の機会を提供し、そのサポートをする役割に努めていこうと思っています。その先に、子どもたちが私たちのことを思い出してくれれば嬉しいことですし、そうでなくとも関わる子すべてが明るい未来を送ってくれれば幸いなことなのです。



 


 『 学習室 』から帰っていく子どもたちから、「かわいそうな猫がいる!!!」と慌てた声が聞こえてきました。


 代表の大村は、荒川区地域猫の会の取り締まりでもあります。

 そのことを理解しているかはわかりませんが、大村が子どもだけはなく、猫などすべての生き物を大切にしていること、そして生き物という尊い命の意味を理解しているからこその発言だったのかなと、感じます。

 というのは余談で......





 それではまた、次の更新まで。

令和元年 6月22日

会計管理役・学習担当 大類



   どんな子にも明るい未来を。           ~子どもらしく生活できる環境づくり~

#子ども村 #中高生ホッとステーション #みんなのお家ilona #荒川区 #東尾久 #町屋 #子どもの居場所作り #あらかわ子ども応援ネットワーク

8回の閲覧